複雑なケース

複雑なケース

いくつかのビザ申請は、さまざまな理由により非常に複雑で扱いにくい場合があります。 例えば、以前にビザを拒否されたことがある、または健康状態により申請が難しい場合などがあります。 ビザ申請者が重大な犯罪記録を持っている場合や、誤った情報や誤解を招く情報を移民局に渡した場合は、ビザ申請に関して問題が発生する可能性があります。

これらのケースでは、経験豊かな移民コンサルタントの専門的な知識と経験が必要となります。 West Aussie Migrationでは、さまざまな困難なケースに対応した豊富な経験と専門知識により複雑なケースについてもご支援させていただきます。 あなたのビザに関する疑問についてお気軽にお問い合わせください。

AAT MERITS REVIEW APPEALS

最近ビザが拒否されたり、取り消されたり、市民権の申請が拒否された場合は、行政控訴裁判所の移民難民課により再審査を受けることができます。

行政控訴裁判所の移民難民課は、内務省が行ったビザに関する決定についてメリットレビューを行う独立機関です。

メリットレビューは、政府部門の決定を再考するプロセスです。 この再審査の目的は、正しい決定が確実に行われるようにすることです。

事件を審査する行政控訴裁判所のメンバーは、元の決定がなされた時点では提出されていなかった新しい証拠および新規の提出物について検討することができます。 この新しい証拠について見直した後、行政控訴裁判所のメンバーは当初のビザ申請や拒否決定に関して、より有利なものに置き換えることができます。

時間は、再審査を申請する際の重要な要素です。 ビザが拒否されたりキャンセルされたりした後は、再審査を申し込むためにはわずかな期間しか設けられておりません。

West Aussie Migrationは、あなたを代理して、Administrative Appeals Tribunalの移民難民課への再審査申請をすることによって、ビザ申請上の問題を解決するためのお手伝いをいたします。 申請そのものとは別に、West Aussie Migrationは、Administrative Appeals Tribunalに対してあなたの事件のメリットの概要を調査し、またそのための提出物を用意し、あなたの代理人としてあなたと一緒に聴聞会に参加します。

For more information about complex cases or the Migration and Refugee Division of the Administrative Appeals Tribunal visit their website here or contact West Aussie Migration.